那須どうぶつ王国は午前中から行くべきだ!

那須どうぶつ王国は午前中から行くべきだ!
Pocket

息子が1歳6か月になり、いろいろなものに興味を持つようになってきたので、動物たちとのふれあい重視の動物園、那須どうぶつ王国へ行ってきました!

えぴそーど自身が以前TVでウェットランドを知ってからずっと行ってみたいと思っていたっていうのが本当の理由ですがw

様々なショーや目の前まで近づいて観察できたハシビロコウ、レッサーパンダの赤ちゃん、カピバラなでなでしたりと親子連れだけではなく大きなお客様も十分楽しめると思います。

那須どうぶつ王国到着まで・・

自家用車で東北道を北上。白河ICを降りて20分ほどで到着しました。関東方面から来た場合は那須高原スマートICで降りたほうが良いみたいですね。ナビに騙されたかな?
朝10時半に家を出ましたが、白河ICを降りたときには12:00過ぎておりました。そこからコンビニでご飯を食べて、(嫁さんが中で食べると高いって言うもんで)一本道を登っていき13時に到着。夏休みや春休みなどのお子さまがお休みの時期はこの一本道が開園直後にはかなり混むようです。簡易トイレなど用意した方が無難かもしれませんね。

駐車場

駐車場領収書

駐車場は有料で、乗用車は700円かかりますのでご注意を。なお、定額ですので前払いです。バイクの場合は300円かかるようです。駐車場は2000台分用意されているとのことですが、私達がついた時にはほとんど埋まっていました。

入場料

入場料は少々お高めです。入場料分を十分に楽しむために午前中からの訪問をお勧めします。
大人2400円
子供1000円(3歳〜小学生)
3歳未満は無料
近くのコンビニにサービス券があったり、スマホで那須どうぶつ王国のHPから入場券を購入すれば2200円で購入できます。動物園としては入場料はお高めですのでできるだけ安く入りましょう。
冬季は王国ファームを見る事ができないかわりに入場料がお安くなるようです。

いざ入国

マップ

入場ゲートをくぐった初見の感想は「狭っ!」意外と見るところなさそうだな…と思いましたが、
入口で貰ったマップをみてみると、どうやら屋内施設中心の「王国タウン」と、牧場のような雰囲気の「王国ファーム」のふたつで構成されているおり、東京ドーム10個分の敷地面積を有しているとのこと。到着してまず王国タウンに入場するのですが、事前に情報を仕入れていなかったのでパッと見で狭そうだなと思いましたが、実際は王国ファームがかなり広いので午後からだとすべてをを見きれませんでした…。これも午前中から行くべき理由の1つです。
なお、王国タウンと王国ファームの間を移動するバスがありますが、時間帯によってかなり並びます。

イベント・ショー

ショースケジュール
イベントとショーは午前中からひっきりなしで開催されています。ショーの時間が近づくと長蛇の列ができるので特等席で見るには早めに並ぶ必要があります。
バードパフォーマンスショーは鳥たちがすぐ頭の上を飛び回り大迫力でした。

ショーだけでも6つありますので、午前中から積極的に参加していかないと全部を見るのは難しそうです。我が家はバードパフォーマンスショーしか見れませんでした。

  1. ザ・キャッツ
  2. アクアフレンズ
  3. ニュージーランドファームショー
  4. バードパフォーマンスショー
  5. カピバラトーク
  6. レッサー・トーク

動物

ハシビロコウ
ハシビロコウ
柵もガラスも無く、すぐ目の前で観察できます。



ジャガー
ウェットランドの目玉。オスとメスの二頭います。ガラス張りの広い部屋は高低差があり、動き回る様を観察しているだけで飽きません。
息子も身を乗り出して見ていました。

お猿さんも目の前で観察できます。

けものフレンズとコラボレーションしているようです。スタンプラリーや、限定アイテムの販売も行っています。


レッサーパンダもガラスや柵がない状態で観察できます。

レッサーパンダの赤ちゃんです。

カピバラと直接触れ合う事ができます。カピバラの大きさに息子は少々ビビリ気味w

この他にも王国ファームでは馬や羊、ラクダなどがいました。カンガルーに直接触れる事ができ事には驚きました。ウサギをなでなで出来る場所や、引馬に乗ることもできます。

ショーよりも動物観察に時間を裂きましたが、それでも見て回れない所がありましたし、お土産をゆっくり買う時間も作れませんでした。(お土産コーナーは閉園が近づくと物凄く混みます。)

次回は必ず午前中に来ようと思います。

子育てカテゴリの最新記事