こどもが産まれたらビデオカメラと一眼レフどちらを買うか。

こどもが産まれたらビデオカメラと一眼レフどちらを買うか。
Pocket

こんにちわ!エピソードです!

先日、一歳の息子の運動会に行ってきました!参加した競技はひとつだけでしたが、我が子ながらとてもかわいかったですねぇ。

運動会では多くのお父さん方がビデオカメラや一眼レフカメラでお子様を撮影しておりました。わたしはiPhoneで息子を撮影していたのですが、動画は手ブレするわ、写真も動画もズームしてもさほど大きく写せないわ、画質も悪いしで、沸々とカメラ欲しい欲が発生してきました。きれいな画質で我が子の記録を残したいんや!

こどもが産まれるからビデオカメラや一眼レフを買おうという人も多いかと思います。どちらも買うだけの余裕があれば良いのですが、どちらかを買うならば果たしてビデオカメラと一眼レフカメラではどちらを買えば良いのでしょうか。

結論から申し上げますと私は一眼レフを買いました。

 

動画を撮るか、静止画を撮るか、それが問題だ。

 

私は調べるまで知らなかったのですが、多くのビデオカメラ、一眼レフカメラどちらも動画、静止画を撮影できるようです。
ビデオカメラはもちろん動画メインなので長時間撮影に向いた軽量設計で片手での操作や動画に特化したオートフォーカスになっています。
一眼レフは写真がメインなので一瞬の時間を切り取る性能にたけていますが、長時間の撮影を想定していないので比較すれば重量は重くなりがちです。
どちらも得意分野での使い勝手や作品の質には大きく差がでるはずです。よって、動画と静止画のどちらを重視するかで用意すべき機材を決めるべきなのです。

撮影頻度の違い

こどもが産まれてからしばらくは撮影機材はスマホしかなかったのですが、動画と静止画の撮影頻度は1:9、動画の頻度はもっと低いかもしれません。
その理由は、動画はサイズが大きく保存が大変なことと、動画を撮影している間は動画撮影だけに集中しなければならないことです。
もちろん、ここぞという場面では動画を撮影しますが、そういう時は静止画ももちろん撮影するんですよね。ってことはやっぱり圧倒的に写真を撮る頻度のほうが多いのです。

撮影後の扱い

写真は撮影したあと印刷やデジタルフォトフレームを使用してインテリアとして飾ったり、おじいちゃんおばあちゃんに配ったりしてます。機械にうとい年代の方にはやはり写真を印刷して直接渡すことが多いですね。あ、年賀状を作成するのに使ったりもしました。

動画は撮影したあとはスマホで家族に共有することが多いです。やはり音声があり、動く記録はあとで見返した時にその時の記憶が呼び起こされます。動画を見返すこともそこそこありますが、あくまでスマホの中でデータは管理しており、ブルーレイなどのハードに保存することは今のところありません。勝手にクラウドには保存されていきますが、なかなか容量も大きいので削除する動画もでてきます。

 

撮影頻度・撮影後の扱いの両面から考察した結果、まずはじめに重視すべきは静止画であると判断しました!

スマホで代替できるのは写真か動画か。

 

スマホは動画も静止画も撮影できますし、基本的にいつも持ち歩いております。
ぶっちゃけスマホの画質もどんどん上がってきています。特にこだわりがなければスマホだけあれば十分な超便利アイテムです。今後も私が最も写真・動画を撮影するのはスマホでしょう。
しかし、手軽さゆえにどっちつかずの性能であるともいえます。そもそもスマホの性能に満足できなかったからこの記事があるわけですし。
ここで、考えるべきはスマホでは満足できない部分はなんだったのか??ということです。

デジタルズーム

スマホは基本的にデジタルズームを使用しています。要するに映っているものをデジタル的に大きく拡大しているだけです。画像を切り取って拡大しているだけです。よって、拡大すればするほど画質は悪くなり、最大倍率も低めです。運動会での距離感ではかなりズームしないと大きく写せませんでした。そのため必然的に画質も悪くなります。

画質と構図

画質に関しては先に書いたデジタルズームに関することがほとんどですが、実際に一眼レフカメラで撮影した写真を見比べるとズーム写真でなくとも美しさは大きく違います。また、ネット上で見かけるような、背景がボケて撮影対象が浮かび上がっているような写真に憧れがあったのは事実です。そのような写真は頑張ってもスマホでは撮影が難しいですね。

スマホで代替できるのは動画

デジタルズームに関してはスマホではどうしようもないですが、私のスマホに対する画質や構図に関しての不満は静止画に対するものだったので、スマホでは頑張っても静止画に対する不満を補いきれない と判断しました。よって、スマホで代替できるのが動画というよりも、スマホでは私が満足いく静止画を撮影できないといったほうが良いでしょうか。ズームが必要な動画は一眼レフでの動画撮影で補完しようと思いました。

スマホと組み合わせるなら一眼レフとの2台体

結論

こどもが産まれて買うべきは静止画撮影を重視した一眼レフカメラ
 
いろいろと考えて私はこちらの一眼レフカメラを購入しました。

数ある一眼レフカメラの中からこちらのカメラを選んだ理由は別の機会にお伝えしたいと思います。
限りある予算のなかでよりきれいな写真を、思い出として残すべく私は一眼レフカメラを選択しました。
正直、こどもが産まれる前に買っておけばよかったと思っていますが、一眼レフカメラを購入したことに後悔はまったくありません。
ビデオカメラを買っていればまた違った感想になっていたかもしれませんが、私と同じようにビデオカメラを買うか、一眼レフカメラを買うかという迷いに直面している方には一眼レフカメラをお勧めしたいと思います。

 

カメラカテゴリの最新記事